魅力的な女性になる

必要なお金はどの程度か

サングラスをかけた女性

胸は女性の象徴であり、胸があるのと無いのとでは男性を惹きつける魅力に大きな差があります。そうした事もあり、女性であれば豊かな胸になりたいというのは当然の事です。色々とバストアップアイテムが今ではありますが、それらは人によっても効果に大きな違いがありますので、確実にバストアップをしたいという場合には豊胸手術を受けるのが一番です。ここではそんな豊胸手術を受ける際にいくらぐらいの費用が掛かるのかについてお話をします。 バストアップのための豊胸手術はいくつか方法があり、どの方法で行うのかによっても費用はだいぶ変わってきますが、大雑把に述べれば100万円程度はお金が掛かるとみておいた方が良いです。もっと安いケースもありますが、これよりも大分高くなるケースもあるので、あくまでも平均的な目安となります。

歴史について知ろう

バストアップ手術は1950年代にはパラフィンやシリコンジェルを皮下に注入する方法が行われていましたが、当時は合併症や後遺症の問題が多発しました。その後、1963年にはシリコンバッグが登場し、今でも行われているようなバッグを胸に埋め込む方法がとられるようになりました。ただ、当時のバッグは中身が漏れたり破裂するなどして問題となり、1992年にはついにシリコンバッグは禁止されるようになりました。その後、シリコンバッグの代わりに登場したのが生理食塩水バッグであり、現在でも疲れています。バッグの開発はその後も続き、破裂しても中身が外部に漏れにくいコヒーシブシリコンバッグなどが登場しています。 その他の豊胸手術としては脂肪注入法が1982年に登場しましたが、当時は脂肪の定着率が低く、それが改良されて見直されるようになってきたのは、2010年頃のこととなっています。